美容整形を実際にしてみるまでは、美容整形に対して偏見というか恐怖感がありました。しかし、美容整形をする以前に、盲腸手術を経験したのです。そのことで、美容整形に対して踏み切れるきっかけになりましたね。

 

「なぜ盲腸手術で美容整形に踏み切ったのか?」と、言いますと、それは気持ちの変化です。というか、美容整形手術に対する恐怖感がなくなったのです。だって、美容整形と言いましても「手術は同じじゃん」と思ったからです。

 

麻酔をして身体にメスを入れるという行為は、目的はやや違えど行為自体は同じだと感じたのです。そしてなおかつ、私がかかった美容整形外科クリニックは医師の評判もすこぶるいいクリニックでしたからね。美容整形外科医になる以前の勤務医時代から評判の良かったドクターがそのクリニックにいたということも大きかったのです。

 

盲腸手術をしてから、美容整形外科手術を受けるまでは何年か間があいていますけれど、手術を経験した事によって恐怖感がなくなり踏み出せたのは確かな事実ではありますね。